卓球爺さんのblog

下手ですが卓球が大好きな爺さんです。参加資格60歳以上の卓球サークルで週2回、楽しんでいました。ただ、2年半前にがんを患い、いまは卓球に復帰できるようになるのを願って懸命にリハビリ中です。

ブロック上手な風格あふれるリーダー格女性

     
        

 「どこに打ってもいいですよ」
 「はい、台上いっぱいに使って打って、どうぞ」
 「どこでも返しますから、大丈夫よ」


シニア はじめてお手合わせしたとき、存在感あるこの老婦人はこう言いました。

  10数年ぶりにラケットを持った私を気遣ってなのでしょうか。

 やさしい心遣いと受け止めましたが、その自信あふれる言葉が堂に入っています。

 だんだん様子が分かってくると、この老婦人は、サークルの女性陣のリーダー格的存在で、男性陣も含めて一目置かれているようです。

 背が高くどっしりした体格で、みるからに風格がただよっています。   

       

 「もっと速い球でいいですからね」
 「どんどん強く打ってください」

 言われるままに、勘を取り戻してきた私は強く打ち返します。いとも簡単に、ドライブがかかった速い球が返ってきます。

 バックサイドにも打ってみます。シェイクハンドのバックで小気味よい球が返ってきます。

 ラケットを下から上へ大きく振るわけではありません。
 
 すくっと立って、身体の動きは大きくないのですが、無駄なくラケットを振り、ネットすれすれに強い球を打ち返してきます。

 球に手早くラケットの面を合わせるのが上手なのでしょう。
 どんな球でもブロックするように打ち返してくるのです。

 もちろんカットもお得意ですが、私との練習の時は私の希望もあってドライブで打ち合います。

 強いラリーが少し続くと、「いいじゃないですか」と私の力量を探るかのように、速攻でどんどん打ってきます。

 老婦人と私との相性は決して悪くありません。私のとって気持ちのよい練習相手でした。

 「また、やりましょうね」と言ってくれた老婦人は、さて私をどう思っていたのでしょうか。

     つづく

 (写真と当サークルは関係ありません)


 
 
 

 
  
卓球ランキング

     

練習で相手を左右に振り楽しむ軟攻型の老婦人

     
        
 
 前回は、ドライブ大好きな強打型のスーパーウーマンを紹介しましたが、今回は軟攻型の老婦人を紹介します。

 27974この方、おしゃべりが好きな女性陣のなかでもひときわ際立っていて、誰とでも話をされるとても気さくな人です。

 初対面の私にも、ずっと以前からの知り合いのように友達感覚で話しかけてくれました。

 おしゃべりが絶えないとはいえ、饒舌な人にありがちな速射砲のように話す、うるさ型のおしゃべりさんではありません。

 話し方はゆっくりでおだやかな語り口で、ついつい相槌を打っ
て、話に乗ってしまいます。
 

                

 そんな話し方がプレースタイルにも出ているのでしょうか。

 ドライブ好きの強打型のスーパーウーマンとは違って、この方はシェイクハンドの軟攻型で、ゆっくりした短めの球が多いです。

 ただし、すべての球は切れています。すごく切れているわけではないのですが、カットされています。クセ玉です。この球が私のフォア、バックサイドに打ち込まれてきます。

 「どこに球が行くかわからいわよ」
  
 と、ご本人がいうように、相手を左右に振って翻弄するのを楽しんでいるようでもあります。

 「はい、フォア」
 「はい、バック」
 「気にしないでね」
 と、言われても、なんだかもて遊ばれているみたいです。

 私の返球がちょっと浮くと、今度はチャンスとばかりにスマッシュで強打してきます。

 どうやら、この方は試合巧者なのだと気づきました。

 自分のプレースタイルを持っています。つないでつないで、チャンスとみれば打ち込む、というスタイルです。

 私はリズム良く打ち合ってラリーを楽しむタイプなので、この老婦人との練習は勝手が違いますが、逆に大変よい練習になっていたのでした。

     つづく

  (写真は当サークルと関係ありません)


 

 
  
卓球ランキング
スポーツランキング  

ドライブ打ちが大好きなスーパーウーマン

       
            スポーツ用品【スーパースポーツゼビオ】


 はじめて練習のお相手となったとき、これは手ごわそうと思ったシニア女性がいます。

フォアドライブ 「いくわよ」といきなり手加減なしの速い球が飛び出してきました。

 打ち返すと、ドライブをかけて、強い球をガンガン打ってくるんです。

 返球した球が台上から出れば、すべてフォアドライブで返してきます。
 容赦なしです。

          今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア
 「それ」
 「エイ」
 「ヤァー」
 と、時折、気合が入った声を発しながら打ってきます。迫力十分です。 

 元気はつらつ。70歳近いお歳にはとてもみえません。足も動いています。
 立ち居振る舞いがすべてお若いです。

 絶対に手は緩めません。体勢が崩れようが、おかまいなし。なんでもかんでもドライブです。
 
 対角線でのフォアハンドの練習と思っていたら、私のバックサイドにも強い球が飛んできます。
 シェイクハンドの両面打ちですので、バックでもガンガン打ってきます。

 返ってくる球筋は決まっていません。フォアサイドだったり、バックサイドだったり、悪く言えば荒れ球です。
 練習なんですが、試合をしているように台上を広く使って打ってきます。

 私が対抗して強い球を返すと、「倍返し」とばかりに、さらにハードに打ち返してきます。スピードのあるバックドライブが決まると、私にはとても打ち返せません。

 後で聞くと、地域にあるいろんな卓球クラブに行っているそうです。

 「あのクラブの〇〇さんは、すごいわよ。この間の大会で優勝したの」
 「あの人のカットはこのへんではぴか一じゃないかしら」

 なかなか情報通でもあります。             

                タニタ食堂関連商品

 ご本人も地域の大会によく出られるそうで、練習ぶりからも「負けず嫌い」が伝わってきます。

 突っつきなどのショートプレイも練習すればよさそうなのに、まずしません。
 強いドライブにスマッシュ。びしばしと決めるのが大好きなスーパーウーマンです。

 これがこの方の自分なりの練習スタイルなんだと思いました。

    つづく

 (写真と当サークルとは関係ありません)
 


 
卓球ランキング 
スポーツランキング   p;bg1=ffffff&f=ifr">      

突っつき上手な老婦人とラリー連続50回目指す!

              
              スポーツ用品買うならゼビオ


 前回、シニア卓球サークルでは、それぞれ自分に合ったプレースタイルで卓球を楽しんでいます、と書きましたが、今回はそのつづきです。 

 自分に合った、というのは、それぞれの体力、運動能力に合った、ということです。


770_510_1_ffffff
 後期高齢者ともなると、まだまだ運動能力がある人もいれば、足腰が弱ってきている人がいます。

 残念ながら老化には抗えないので、若いころのようにはいきません。
 
 フットワークをもっと使ってと言っても、若いころには自信があった機敏性、俊敏性を求めるのは野暮というものです。           

        今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア
  
 足腰が劣れ得ないように。
 機敏に反応できるように。
 頭の回転を鈍化させないように。

 卓球を楽しみながら、少しでも老化防止に役立てばいい、というのがメンバーのみなさんの共通した思いだと思います。

 ですので、自分に合ったプレースタイルになるので、個性豊かです。

 突っつきが上手な老婦人がいます。この方と練習すると、たいがいが突っつきで球がかえってきます。フォアドライブを打つのが苦手というよりは、強く腕を振るのが難しのだと思います。足はあまり動かしません。

 いきおいネット越しに、台上での短い球のラリーになります。

 「何回、ラリーが続くか数えませんか?」と私。
 「面白いわね。やりましょう」と老婦人。        

         年間販売実績100万箱、元祖くず餅【船橋屋】

 突っつき上手さんですので、私がいい球を返すことができさえすれば、球が返ってきます。
 「イチ、ニィ、サン…」
 「ああ、ダメね。手が届かなかった」
 「すみません」

 私が遠いところに球を返してしまったからなんです。お互いに返球しやすいところに打つには、結構、集中力が要ります。自然に頭の体操にもなっているわけです。

 「次回はラリー50回を目指しましょう」
 「はい、よろしくね。愉しかったわ」

 これがこの老婦人の練習スタイルというわけです。
 
       つづく



卓球ランキング
スポーツランキング  

卓球はシニアの運動不足解消にもってこいの球技だ!

       
         ウォーターサーバーが貰える!【シンプルウォーター】
      
 シニア卓球サークルのモットーは、とにかく卓球を楽しむことにあります。
 楽しみ方は人それぞれです。

 4年前、68歳だった私がメンバーのなかで最年少でした。みなさん、70歳以上で、80歳を超えている人も珍しくいありません。平均年齢は75歳くらいになるでしょう。
 ほとんどのメンバーが後期高齢者なのですから、それぞれ自分にあったプレースタイルで卓球を楽しんでいます。


 ae卓球はシニアにとって運動不足解消には持ってこいのスポーツだと思います。
 
 体力が落ち、運動能力が落ち、視力が多少落ちても、十分に楽しめるからです。

 卓球はテーブルテニスとも言いますが、広いコートのテニスに比べ、運動量はさほどハードではありません。
 もちろん本格的にやれば別ですが、多少足の動きにに不安があってもラリーはできるので、リハビリを兼ねてプレーする人もいます。

           スポーツ用品【スーパースポーツゼビオ】  

 加えて室内競技ですので冷暖房があり、屋外競技と違って暑さ寒さを気にしないですみます。
 夏は熱中症対策で水分をこまめにとりますが、冬は温かいお茶やコーヒーを入れた魔法瓶を持参する人もいます。

 疲れたと思ったら、順番を譲り、長めの休憩をとり、持参のお茶とお菓子で、おしゃべりタイムです。
 みなさん、卓球をするのと同じくらいにおしゃべりが楽しみなんです。
 
 「〇〇さん、上手になったね。ラリーが続くじゃない」
 「ありがとうございます。あなたの教え方がいいのよ(笑)」

 「このお菓子、美味しいのよ」
 「あら、ほんと。どこで買ったの?」
 「〇〇屋の特売よ」
 「チョコレートもあるわよ。どうぞ食べて」

          年間販売実績100万箱、元祖くず餅【船橋屋】  

 てな具合で、おしゃべりの声と笑い声が絶えません。

 時折、「しゃべってばかりいないで!」と長老さんから叱責が飛ぶのもお決まりですが、しばらくするとまた小声でおしゃべりがはじまります。

 大会に出て、勝利を目指す人には、このシニア卓球サークルは物足りないでしょう。
 でも卓球の力量を伸ばすことはできます。

 さきほどのラリーが続くようになった〇〇さんのように、“ボス”やベテランさんのアドバイスを受けて練習していると確実に上達していきます。
 
 まさに「継続は力なり」です。     
  
  つづく



卓球ランキング

  
スポーツランキング    
広告
ギャラリー
  • 「ハワイアンバンドやりません?」の突然のお誘いに面食らう
  • 人生100年時代!多種多様なサークルが活動する高齢者施設
  • シニアが“若返る”ダブルス練習試合は楽し!
  • 試合慣れしたベテランは相手の弱点をすぐに見抜く
  • 綺麗なフォアフォームは、おまわりさんの敬礼から!
  • グリップ削りが欠かせない日本式ペンホルダーラケット
  • シェークハンド主流で、今や珍しくなった日本式ペンホルダー
  • スピード対応練習はニューボールでしたいけど!
  • ラリーを楽しむために考案されたオレンジ色のラージボール
楽天市場