卓球爺さんのblog

下手ですが卓球が大好きな爺さんです。参加資格60歳以上の卓球サークルで週2回、楽しんでいました。ただ、2年半前にがんを患い、いまは卓球に復帰できるようになるのを願って懸命にリハビリ中です。

不動の姿勢でラリーを続けるシニア卓球の「仁王様」

              
               スポーツ用品買うならゼビオ

 球拾いが終わると交代で、いよいよ練習の順番が回ってきます。
 サークル新参者ですので、誰とやるのかな、とちょっと気になります。

 練習の相方さんはローテーションで決まるので、自分から誰々さんを指名するわけにはいきません。

 シニア卓球サークルに入ったばかりで、ローテーションの仕組みが分からないでいると、“ボス”が「〇〇さんは、〇〇さんとやってください」と指示してくれます。


4081343
 卓球台を挟んで向かいあい、「よろしくお願いします」とあいさつ。
 はじめてのお手合わせの方ばかりですので、「お手柔らかに」と言うのも忘れません。

 基本は対角線でのラリーです。

 メンバーにはサウスポー(左利き)はいませんでしたので、右側から相手右側へのフォアのラリーになります。

 お相手は、70歳代前半と思しき長身の男性。古くからのメンバーでサークルのお世話役さんでもあります。 この方も“ボス”同様に寡黙で、無駄口はたたきません。

 ほぼ直立、仁王立ちで、姿勢をあまり崩さずに打ちます。フットワークはほとんど使いません。この人の練習のスタイルなんでしょう。それでも打てるんです。

 私は密かにこの人を「仁王様」と心の内で呼ぶようにしました。          

            体脂肪計タニタの【公式】ショッピングサイト

 長身で手が長いので、手を伸ばせばたいていは球に届きます。
 私がとんでもない方向に打っても顔色一つ変えず、球をとらえ、私に返してくれます。
 流石にベテランさんです。

 ほとんどミスしませんので、私がきっちり打ち返しさえすれば、ラリーが続きます。
 
 前にも触れましたが、私はスペシャルオリンピックス(SO)日本の東京地区で、知的障害がある方たちの卓球コーチを10年ほど務めたことがあります。

 その時のコーチの役割は、打ちやすい位置と高さに球を出してあげることでした。
 ですので、相方さんが打ちやすいところに球を打ち返すことは比較的慣れていました。

 「仁王様」がほぼ決まったところに打ってくれるので、私もフォームを固めて、ポイントを狙って打ち返します。小気味よくラリーが続きます。

           今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア  

 むっつりですが、決していかめしくはない「仁王様」は、練習の恰好のパートナーでした。
 ローテーションで「仁王様」と当たると、「よし、よし」と喜んだものです。

    つづく

 
  
卓球ランキング   

シニア卓球は球拾いもまた楽しからずや!


             スポーツ用品買うならゼビオ  

 大方の球技は、練習中に散らばったボールを拾い集めないと練習が続きません。

 サッカーやラグビーはさほどではないにしても、野球などはグランドに散ったボールを集める作業が必要です。
 バスケットやバレーボールでは、素早くボールを集めないと練習が回っていきません。

 そんななかで卓球は、球(ボール)拾いをしないと練習にならない、最たる球技だと思います。

 5分も放っておけば、卓球台周辺はもちろん、卓球場の隅々まで球だらけになります。

 練習中に玉を踏みつけてつぶしてしまったり、球が気になって打てなかったり、はてはケガのもとにもなります。


        今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア

000000271744_Cfsj7kF
 そんなんで卓球は常時、球拾いが欠かせません。

 シニア卓球サークルでは、交代で参加者の3分の1が玉拾いをします。

 昆虫網に似た棒の先の網で、床に転がっている球を拾い集めて、回収します。

 これが結構楽しいのです。

 動かなくなって床にじっとしている球は、網の先ですくいあげます。これにはちょっとコツが要ります。

 なんとなく網を寄せたのでは球が逃げてしまいます。網の先端で球の下をすくいあげる要領で拾います。

 弾んでいる球は、弾みのリズムに合わせて網を下にもぐらせればいいので簡単です。調子を合わせて、ひょいひょいのひょい、という感じです。

 プレーしている人の背後にいると、球がストレートで飛んでくることがあります。その飛んでくる球を網でキャッチします。

 「はい、ジャストミート」ってなわけです。

  これが決まると気持ちいいので、じっとチャンスを待っていたりします。

 球拾いしながら、練習している人の様子をみていると、その人の癖や弱点が見えてきます。この辺に立っていれば球が飛んでくる、というのが分かってくるのです。

 ただ、決してプレーしている人の邪魔になってはいけません。
 
 ときどき練習中に足元に転がっている球に網の棒を差し込んでくる球拾いの人がいますが、これは危いです。

 網いっぱいになった球は、それぞれの卓球台脇に据えられた球ケースに入れるのですが、その時、注意しないと集めた球がケースに入らずに、こぼれ落ちてしまいます。

 「あ~あ、せっかく集めたのに…」

 球拾いもまた楽しからずや、です。

  つづく

 
卓球ランキング
 

              

マイペースで和気あいあいがシニア卓球のいいいところ!

            体脂肪計タニタの【公式】ショッピングサイト

  (前回からのつづき)

  シニア卓球が行われている高齢者複合施設には、3台の卓球台があります。
 二人一組で打ち合いますので、3台で6人が一時に練習できます。


02
 参加者は多くて20人程度で、ローテーションを組んで回していきます。
 
10分やったら次の人に交代です。そして10分休み。次の10分は球拾いです。
 1時間に20分練習できる計算になります。

 会場を使用できるのは3時間ですので、3時間みっちりいたら、練習時間は計60分になり、シニアにはいい運動です。
 頑張りすぎると翌日は筋肉痛になるでしょう。          

        スポーツ用品【スーパースポーツゼビオ】


 参加者が少なければ、休んでいる時間はありません。10分やったあとに10分球拾いをしたら、すぐに番が回ってきて練習です。
 
 「きょうは人数少ないわね」
 「〇〇さん、来ないけど、どうかしたのかしら?」
 「なんか足をくじいたらしいわよ」
 
 「最近、〇〇ちゃん、来ないね」
 「具合でも悪いのかな」
 「きょうは眼医者に行っているらしいよ」

 練習しながら、こんな会話が交わされます。人様の健康が気になるのはシニアならではです。

 卓球ができるのは健康でいるからで、逆に健康を維持するために卓球をされています。同時に、みなさんは、街の新着情報はじめ、おしゃべりも楽しんでいます。

         今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア

 「〇〇さんたち、球拾いの当番だよ」
 「おしゃべりばかりしていないで、球拾ってよ」
 
 壁沿いのベンチにどっかり腰を下ろしておしゃべりを楽しむ女性陣に向かって、長老さんから、こんなお叱りの声が飛ぶのも稀ではありません。

 でも、ついつい井戸端会議になってしまうのもご愛嬌といったところです。

 あるご婦人は、休憩のとき、持ってきたお菓子を全員に振る舞い、一緒に食べるのを楽しみにされています。

 マイペースで和気あいあい。それがシニア卓球サークルのいいところです。

 (写真はネットからの借り物で、当サークルとは関係ありません)

 つづく

 




卓球ランキング  
スポーツランキング        

10数年ぶりのシニア卓球。“ボス”の心遣いで勘取り戻す!

            次亜塩素酸水なら除菌水ジーア

  さて、ほぼ10年ぶりの卓球です。
 ラケットにボールがあたり、うまくラリーができるでしょうか?


DSC_0801
 そこは、さずがシニア卓球サークルです。ガンガン打つわけではありません。

 力量に合わせて楽しむのがシニア卓球です。
 
 相手になってくれた人が、やさしくボールを出してくれました。

 しかも打ちやすいところにです。

 あとは私がラケットを合わせれば、いいのです。

 ラケットにボールを当てることに集中すればいいので、すっと緊張が解けました。   

          体脂肪計タニタの【公式】ショッピングサイト

 相手の方は80歳を超えていると思われる男性です。
 しっかりと上下とも卓球のウエアを着ています。

 参加者を見回してみると、ユニフォーム姿の人は、この方一人です。
 ほかのみなさんは、気ままに思い思いの恰好で、楽しんでいます。

 それだけにしっかり卓球ウエアに身を包んだ、この人の卓球への思い入れの強さがうかがえます。
 
 あとで知ったのですが、この人はシニア卓球サークルの“ボス”的存在で、地域のシニア卓球大会に出場する常連さんで、度々、上位入賞もされているそうです。
 
 やはり気構えが違うわけです。


       ★ママ楽チン★毎日のお買物が玄関先に届きます! まずは資料請求!


 スポーツはなんでもそうですが、ちゃんとユニフォームを着てやらないと、場合によったらケガにもつながります。
 このシニア卓球サークルでは、運動しやすい恰好で、というのがルールのようです。

 さて、この“ボス”は無口で笑いもせず、もくもくと打ちやすい球を送り出してくれます。
 ラケットを振るのが10年ぶりの私には、大変助かります。

 打ち返すうちに私もだんだんと勘を取り戻してきました。ラリーが続きます。
 小気味よいリズムでラリーがつづくと、気持ちいいです。

 うん、これならやっていける。
 “ボス”のおかげで、サークルに通うことを決めたのでした。

    つづく


 

 

 


 

 
       
人気ブログランキング
卓球ランキング  

SO日本・東京で卓球のボランティアコーチをはじめる

    
       

 卓球をするのは何年ぶりだったでしょうか?

 シニア卓球サークルに参加して、はじめは様子見でいたのですが、「はい、どうぞ」と言われ、ラケットを持って、いざテーブルの前に立つと、ちょっと緊張しました。

 卓球は中学時代にはじめましたが、お遊び程度のものでした。

  JR線の駅前近くにあった卓球場で友達と数回遊んだ記憶があります。昔は街中に結構、卓球場がありました。

 当時はめずらしかったと思いますが、家に卓球台がある友達がいて、空き地で卓球を楽しんだこともありました。
 外ですので、ボールは風で流されるのがしばしばで、練習にはなりませんでした。

      希釈せずにそのまま使える次亜塩素酸水、除菌水ジーア
    

 小学校低学年の頃でしたか、荻村伊智朗選手が東京で行われた卓球世界選手権(1956年)で男子シングルス、男子ダブルス、男子団体で優勝し、世界ランク1位になり、その後も大活躍でしたので、卓球は子供たちにも人気がありました。

 そんなで教わったことも習ったこともなく、見様見真似でしたが、そこそこラリーが続けられるようになっていったんです。

 高校、大学、そして社会人になってからも卓球をする機会はありませんでした。温泉旅行に行ったとき、1、2回、旅館にあった卓球台で遊んだくらいでした。
yjimage
 ラケットを持つようになったのは、20年近く前に、とあることで、ボランティアで卓球をやるようになったのです。

 「スペシャルオリンピックス(SO)」という国際的なスポーツ組織があります。
 知的障害のある人たちにオリンピック競技種目に準じたいろいろなスポーツを通して社会参加を促そうという活動で、その成果を発表する国内大会、それに国際大会も行っています。

 

 私は、スペシャルオリンピックス日本の東京地区で、卓球のボランティア・コーチをやるようになったんです。コーチのなかには、長らく卓球をやっていて上手な方はいますが、私はコーチと言っても名ばかりでした。

 SOについては、これからも折に触れて書きたいと思います。

 ボランティアコーチは、シニア卓球サークルに参加する10年ほど前に辞めていたので、卓球をやるのはほぼ10年ぶりでした。

 さてラケットにボールがうまく当たり、返せるだろうか?

  つづく


 


       
人気ブログランキング
卓球ランキング   
広告
ギャラリー
  • 「ハワイアンバンドやりません?」の突然のお誘いに面食らう
  • 人生100年時代!多種多様なサークルが活動する高齢者施設
  • シニアが“若返る”ダブルス練習試合は楽し!
  • 試合慣れしたベテランは相手の弱点をすぐに見抜く
  • 綺麗なフォアフォームは、おまわりさんの敬礼から!
  • グリップ削りが欠かせない日本式ペンホルダーラケット
  • シェークハンド主流で、今や珍しくなった日本式ペンホルダー
  • スピード対応練習はニューボールでしたいけど!
  • ラリーを楽しむために考案されたオレンジ色のラージボール
楽天市場